フロアマニキュアのお手入れ・取り扱いに関する事項

お手入れ方法 〜より長く美しく使って頂く為に〜

市販お手入れ商品のご使用について
化学モップ・化学雑巾を頻繁にご使用になると、滑りやすくなったり、変色するおそれがありますので、ご使用は避けてください。(パラフィン等、化学薬品を含んだ物のご使用はお避け下さい)
より衛生的に保つには、かたく絞って水拭き(目安として施工から2〜3日は水拭きをお控え下さい)
油等の頑固な汚れの場合は中性洗剤を20倍程度(少し泡立つ程度)に薄めて拭いて下さい。(水1リットルに中性洗剤50cc程度が目安です。汚れの度合いによりご調整ください)
アルカリ系、塩素系、高濃度潜在、漂白剤は付着すると変色する場合がありますので特にご注意下さい。
フロアマニキュア・ナノの上から市販ワックスを塗られる際のご注意
  • 基本的にはワックスでのお手入れは不応となります。
  • ワックスの種類により滑りやすくなる場合がございます。
  • 塗る量や回数によりムラや白濁の可能性がございます。
  • 光沢が上がることで擦り傷が見えやすくなる可能性がございます。
  • 市販ワックスの耐久年数・効果に変わります
フロアワックス・ナノのお手入れやリピート施工など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

メンテナンス商品「フロアモップ」でのお手入れをお勧めします。
ご紹介はこちら»

施工後の仕上がりや擦り傷について

  • フロアマニキュア・ナノは、フローリング表面そのものに直接擦り傷や汚れが付かないようにする為の保護コーティングになります。コーティング表面には日常生活での擦り傷などは付いていきます。(重たい物を落としたり、引きずるとフローリングにも傷は付きます)
  • 施工工程における清掃段階でホコリやチリには十分注意しておりますが、塗布後の乾燥過程において空気中に浮遊するチリ等が落下して付着することがございます。フローリングの種類によっては目立つものもございますので予めご了承下さい。(尚、ホコリ等の混入によりコーティングの剥がれ等には起因いたしません)
  • 擦り傷や汚れの付着により光沢が落ち着いてきても、被膜自体が残っている期間はフローリングの保護効果は持続しております。(コーティングの光沢が出にくい種類のフローリングもございます)

お引越し・御生活上のご注意

  • 引越し時には十分な養生して搬入し、物を引きずらないようにして下さい。
  • 床の保護の為にもダイニングテーブル・イス等、頻繁に動かす物の下にはフェルト等のやわらかい物を貼るようにお薦め致します。
  • 掃除機をお使いになる際に、自動掃除機やローラー・ブラシの種類によってはコーティングの表面に擦り傷が付きやすいものもございますので、ご注意下さい。
  • スリッパは擦り傷の軽減になるよう、裏地が出ると素材のものをお薦め致します。
  • カーペットやラグマットの下にゴム素材の滑り止めをご使用になられた場合、床暖房や日光でゴムが溶け出して跡になる場合がございます。
    また、カーペットの素材によってはコーティング表面に擦り傷が付き、白く跡になる場合がございます。
  • スチームモッップ・高圧洗浄機でのお手入れはフローリング自体の劣化を招く可能性がございますのでお控え下さい。
お気軽にお見積りのご依頼・お問い合わせください 個人の方のお問い合わせ・お見積り 法人の方のお問い合わせ・お見積り